• ホーム
  • 女性用バイアグラと本家バイアグラの違い

女性用バイアグラと本家バイアグラの違い

若い女性

女性が男性用バイアグラを服用しても目立った効果はありません。
しかし、女性用バイアグラも主成分は男性用バイアグラと同じなのです。
つまり、男性用と同じ副作用もみられるという事です。
バイアグラによって血管が拡張されるため、顔のほてりや目眩などの症状がみられます。
男性はバイアグラによって勃起が促されますが、女性は女性器が濡れやすくなります。
決して男性用を流用した物ではなく、ちゃんと女性が使用した場合の効果と影響を検証して考えられています。
女性用バイアグラには身体的に作用するものと心理的に作用するものとの2つ種類があります。
その他にも抗うつ剤として使用されてる薬が、女性の制欲低下障害に効果があると証明されました。
これはまだ試験段階なのですが、脳に働きかけて性欲自体が増進されるとあって期待が持てそうです。
女性は妊娠、出産を経て身体も著しく変化します。
身体だけではなくホルモンの影響で心理的にも変化していきます。
出産後の性欲低下に悩まされる女性も多く、それが原因となって夫婦間に溝ができたりします。
また、性欲低下が不感症の原因にも繋がり、ますます夫婦間の関係が悪化するケースがあります。
バイアグラは勃起不全の男性用に開発されたものでしたが、近年では性欲低下障害の女性用バイアグラを耳にするようになりました。
国内でも徐々に認識されるようになったものの、まだ日本では処方されていません。
女性用の効果が認められるようになったのはごく近年の事なのです。
ですが、個人輸入代行によって入手する事も可能です。
性欲低下障害というのは男性の勃起不全と同様に相談しにくいものであり、改善されぬままに1人で悩んでいる人も多いでしょう。
国内でも処方されるようになれば、そんな悩める女性も減っていくのではないでしょうか。