• ホーム
  • 女性用バイアグラの併用と改定について

女性用バイアグラの併用と改定について

考える女性

男性の性的不能に対する治療薬は幅広く利用されるようになってかなりの年数が経過していますが、女性用バイアグラというのはこれまであまり注目されておらず、性行動にあまり関心を持たない女性を助けるものはありませんでした。
しかし、2015年8月に改定があり、世界で初めて女性用の治療薬としてフリバンセリンが承認されました。
この治療薬は、後天性・広汎性の性的欲求低下障害の症状を改善するのに有効と認められ、性的欲求を高めるといわれています。
男性の問題とは違って、女性の性欲に関する悩みはそれほど重要視されない傾向にありますが、パートナーとのスキンシップに積極的になれなかったり、子供が欲しいのにその行為に嫌悪感があるなど、様々なトラブルが発生した時にこれを使用することで、パートナーとの関係を深めることができます。
なお、女性の場合には日本国内では発売されていませんので、海外からの個人輸入になります。
しかし、これらは医薬品ですし、女性の場合には性交渉の結果妊娠するという可能性がありますので、不妊治療に使われているようなものを選ぶ必要があります。
アメリカで承認されたことによって、今後国内でも発売される可能性は高くなりますが、それまでの間もきちんと安全性を確認し、正規品を使用するようにしましょう。
また、服用した時の副作用にも注意が必要です。
吐き気やめまい、低血圧などの症状を感じることもあれば、アルコールと併用して薬の濃度が高くなり、失神などの重篤な症状を引き起こすこともあります。
用法・容量を確認して、体調が悪いと思ったらすぐに一度中断しましょう。
上手に利用することで、女性特有の悩みを軽減することができます。